読書 読書量

知らないと損!読書量が多い人の特徴11選【年収や幸福度が高い】

 

こんにちは、たけし(@takeoinvests1)です!

 

今回は

 

読書をした方がいいのはわかるけど、具体的にどんないいことがあるの?読書量が多い人の特徴として知りたいな。あと、読書量を増やす方法も合わせて知りたい!

 

という疑問にお応えします。

 

本記事を読めば「読書量が多い人の特徴」と「読書量の増やし方」がわかって、読書を通じて成長して年収や幸福感を高められますよ。

 

たけし
実際に僕は、毎日2〜6時間の読書をして、ここ2年半ほどで1,500冊以上を読んできました。その結果が、次の感じ。

 

 

本記事では、具体的に次のことを解説していきます。

 

  • 読書量が多い人とは
  • 読書量が多い人の特徴11選
  • 読書量を増やす方法
  • 読書効果を高める方法
  • 読書量を増やしたい方におすすめの本

 

「読書量を増やして、人生を変えたい!」という方向けに、読書を継続した後の明るい未来をお伝えするので、読書へのモチベーションアップに本記事をご利用ください!

 

読書量が多い人の特徴だけ知りたい方は、「読書量が多い人の特徴11選」へどうぞ。

 

読書量が多い人とは

 

前提として読書量が多い人とは、「月4冊以上の本を読んでいる人」とします。

 

というのも、日本で月4冊以上の本を読んでいる人は、15%くらいしかいないからです。

 

その根拠になるデータは、次です。

 

社会人の読書量の平均は2冊ほど

(引用元:文化庁「平成30年度 国語に関する世論調査」)

1ヶ月にだいたい何冊くらい本を読むか
読まない 47.3%
1 , 2冊 37.6%
3 , 4冊 8.6%
5 , 6冊 3.2%
7冊以上 3.2%

 

読書量が月2冊以下なのは、84.9%もいることがわかりました。

 

つまり月4冊以上の本を読んでいれば、他の人と比べて読書量が多いと言えますね。

 

読書量が多い人の特徴11選

 

読書量が多い人の特徴は、次の11個になります・

 

  1. 好奇心が旺盛
  2. プライドが高い
  3. 論理的思考力が高い
  4. 創造性・発想力がある
  5. 自分で調べ考えようとする
  6. 多角的な視点で物事を見ている
  7. 自分のことをよく知っている
  8. 良質な人間関係を築ける
  9. メンタルが安定している
  10. 年収が高い
  11. 幸福度が高い

 

もちろん、読書をすれば必ず上記のようになるわけではありません。なぜなら、読書で学べるのはあくまでも知識や考え方だからです。

 

しかし傾向として、上記のようになりやすいとご理解していただければ幸いです(つまり読書量が多い人にも、いろんな人がいるということです)。

 

たけし
また読書量が多ければ多いほど、上記のような特徴を得やすいこともお伝えしていきます。

 

①好奇心旺盛

 

読書量が多い人は、好奇心旺盛です。

 

社会や科学について、たくさん知りたいことがあって、その欲求を満たすために本にのめり込んできます。

 

また本は読めば読むほど、もっと知りたいことが出てくるので、読書量が多い人はさらに好奇心が強くなっていきますね。

 

②プライドが高い

 

良くも悪くも、読書量が多いとプライドが高くなりがちです。

 

なぜなら、自分の知識や考えに自信がつくからです。

 

ただ、謙虚さや素直さを失ってしまうと、学ぶ機会をなくしたり、人からの信頼をなくしてしまう恐れもあります。

 

適切なプライドを持つのが、重要です。

 

③論理的思考力が高い

 

読書量が多いと、論理的思考力が高まりやすいです。

 

なぜなら本は、読者に納得してもらうため、論理的に文章を組み立てられているからです。

 

本を読めば、自然と論理的思考力が磨かれています。

 

本を読む人に頭が良い人が多い、という印象を持つのは知識にプラスして、論理的思考力がついているからでしょう。

 

④創造性・発想力がある

 

あと、創造性や発想力が高いのも、読書量が多い人の特徴です。

 

というのも、読書とは、自分にはない新鮮な考えや思想、価値観をインプットすることにもなるからです。

 

読書をしないと、どうしても自分の先入観や価値観に縛られやすく、自分の殻に閉じこもりがちになります。

 

しかし本で、いろんな考えに触れると、自分の殻が破け、新鮮な発想を生み出しやすくなるわけです。

 

⑤自分で調べ考えようとする

 

読書とは、自分の知らないことを、自分で学ぶ行為そのものです。

 

つまり本を読む人は、自分の知らないことやわからないことを、自分で調べて考えようとする人となります。

 

もしわからないことを、すぐに人に聞いてしまうという方は、ぜひ読書を通して、自分の知らないことを知る取り組みをしてみてください。

 

⑥多角的な視点で物事を見ている

 

読書量が多い人は、多角的な視点で物事を見ています。

 

なぜなら、世の中には絶対的な正しさや正義、正解がないことを知っているからです。

 

どんなに正論に思えても、そこには必ず反対意見や違った考え方があります。

 

読書量が多い人は、同じテーマについて書かれている本でも、筆者によって意見や考え方が違うことを知っているので、多角的な視点で物事を見るようになるのです。

 

たけし
なので読書家には、人の意見をまず受け入れて、頭ごなしに否定したりする人は多くありません。

 

⑦自分のことをよく知っている

 

読書量が多い人は、自分のことをよく知っています。

 

なぜなら読書は、知識をインプットするだけではなく、自分と向き合う時間でもあるからです。

 

筆者の主張を理解し、「自分はどうなんだろう?」と考える余白が、読書にはあります。

 

なので、自然と「自分とはどういう人か」を掘り下げることになり、自分をよく知れるようになるのです。

 

自分のことを知りたい方は、次の本なんかが参考になりますよ。

 

 

⑧良質な人間関係を築ける

 

読書量が多い人は、良質な人間関係を築けやすくなります(もちろん個人差はあります)。

 

なぜなら読書を通じて、人間心理や感情を理解できるようになるからです。

 

またトロント大学の研究では、小説を読むと、人の心理状態を読む能力がが高まることもわかっています。

 

なので読書量の多い人は、その能力を駆使すれば、人間関係がよくなりやすいです。

 

⑨メンタルが安定している

 

読書には、瞑想に近いストレス軽減効果と、自分の感情を客観的に見る力(メタ認知能力)が高まります。

 

なので読書量が多い人には、心が安定して、落ち着いている人が多いです。

 

あと考え方が柔軟になって、思い込みや偏った思考がほぐされるのも、メンタルが安定する理由の1つですね。

 

⑩年収が高い

 

読書量が多い人は、知識や思考力、創造性などが得られる結果として、年収が高くなりやすいです。

 

根拠となるデータは、日本やアメリカにたくさんありますよ。例えば

 

✔️総務省統計局「家計収支調査」(2020年)

 

 

【データ要約】

  • 年収173万円未満の人の書籍購入費は月2,000円未満
  • 年収965万円以上の人の書籍購入費は月4,000円以上
  • 本をよく買う人ほど、年収が高い傾向にある

 

あとソフトバンクの孫正義さんやマイクロソフトのビル・ゲイツさんとかも、圧倒的な読書家で知られています。

 

本を読めば必ずお金持ちになれるわけではありませんが、そうなる可能性は確実に上がるのは間違いありません。

 

読書量と収入の関係をより詳しく知りたい方は、「読書量と年収が比例するってホント?2年半で1500冊読んだ結論」をどうぞ。

 

⑪幸福度が高い

 

読書量が多い人は、幸福感が強くなりやすいです。

 

リバプール大学の研究で、週に30分だけの読書習慣で、生活の満足度が20%以上も上がり、憂鬱になる可能性が28%も低くなったことがわかりました。

 

読書は、知識だけではなく、幸福感ももたらしてくれるのですね。

 

読書量を増やす方法

 

読書量が多いと、さまざまなメリットを得られることがわかったともいます。

 

ただ

 

忙しいし、めんどくさし、読書量を増やすのが難しそう。

そうすれば読書量が増やせるかな?

 

と感じるかもしれません。

 

でもご安心ください。

 

次の6つの方法なら、無理せず読書量を増やして、人生を充実させられるでしょう。

 

  1. 読書する時間を決める
  2. 読書を小さく始める
  3. あなたの悩みを解決してくれる本を読む
  4. オーディブルを活用する
  5. kindle Unlimitedを活用する
  6. flierを活用する

 

ただ具体的に話すと、長くなるので、詳細が気になる方は「仕事や人生が充実する読書量を3倍に増やす9つの方法!多忙でもOK」をご覧ください。

 

ここでは、軽く解説する程度にしますね。

 

①読書する時間を決める

 

まずは、読書する時間を決めましょう。

 

「読書する時間がない!」というのはいいわけです。

 

だって、大好きな人からデートに誘われたら、どんなに忙しくても、時間を作りますよね。

 

読書も同じ。読書量を増やしたいなら、まず、本を読む時間をきめしょう。

 

②読書を小さく始める

 

ただいきなり30分とか、1時間とか、無理な時間を確保する必要はありません。

 

通勤中の5分間とか、寝る前の3分間とか、あなたが絶対にできるところから入りましょう。

 

③あなたの悩みを解決してくれる本を読む

 

本は、今のあなたの悩みを解決してくれるものを選びましょう。

 

なぜなら、人は悩みを解決できることに、引き込まれるからです。

 

例えば、宝くじに人が集まるのは、「お金が足りない」という悩みを、簡単に解決してくれそうだからです。

 

なので、あなたの今現在の悩みを解決してくれそうな本を選ぶと、自然とスラスラ読めますよ。

 

⑤オーディブルを活用する

 

オーディブルとは、amazonが提供するオーディオブックサービスです。メリットは、次の感じ。

 

✔️オーディブルのメリット

  • 最新のビジネス書や話題の本から、好きなのを選べる
  • 最初の1冊が無料なので、登録するだけで本がもらえる
  • 読書に目と手が不要ので、家事や移動中、運転中などに読書できる

オーディブルは月額1,500円ですが、最初の30日間と1冊が無料で、返品・解約がいつでもできます。

 

もちろん解約した後も、受け取った本はずっと聴けるので、ぜひ1度お試しください!

 

もう少し詳しくは、「オーディブルを1年使った率直な感想!読書習慣をつけるのにおすすめ」にも書いていますよ。

 

今なら読みたい本が1冊無料でもらえちゃいます!

オーディブルの無料体験に申し込む

※ながら読書で効率的に本を読もう

 

②Kindle Unlimitedを活用する

 

kindle Unlimitedは、amazonが提供する、電子書籍読み放題サービスです。メリットは、次のようになります。

 

✔️KIndle Unlimitedのメリット

  • 月額980円で200万冊ほどの本が読み放題
  • スマホやタブレット、パソコンから本が読める
  • 本の持ち歩き不要で、本を開くこともなし
  • マンガや雑誌も豊富

 

次のように、とにかく読める本が多いので、スマホやパソコンから、いつでもどこでも本を探して読めるのがポイントです。

 

興味のわく本を探すの、これ以上のサービスはありません。

 

 

 

月額980円ですが、本も漫画も雑誌も読み放題なので、本1冊、漫画2冊ほど読めばもとがとれます。

 

加えてkindle Unlimitedには、30日間無料キャンペーンの他に、条件によって今なら2ヶ月で月額199円で加入できます。

 

30日間無料で200万冊の本が読み放題!

Kindle Unlimitedの無料体験に申し込む

※お得なキャンペーンを見逃すな!

 

⑥flierを活用する

 

flier」 とは、1冊の10分で読めるように要約してくれている、本要約サービスです。メリットは、次です。

 

✔️flierのメリット

  • 2,500冊以上の本の要約を10分で読める
  • 古典から最新のビジネス書まで、2,500冊以上の品揃え
  • 専門のライターによるクオリティーの高い要約
  • 通勤中やスキマ時間などに、本1冊の内容が理解できる
  • 読みたい本の内容確認や、読んだ本の復習に便利
  • 音声読み上げがあるので、耳からでもインプットできる

 

値段は2,200円*ですが、2,500冊分の情報を気軽にインプットできると考えると、かなり安いです。

※本記事からお申し込みいただけると、月額2,200円から1,980円になり最初の7日間が無料です。

 

試すだけでも、お得ですよ!

 

もう少し詳細を知りたい方は、「flier(フライヤー)を使った感想!効率的なインプットに最適」をご確認ください!

 

7日間無料で2,500冊の要約が読めます。

flierの7日間無料体験に申し込む!

※本記事からの登録で月額2,200円→1,980円

 

読書効果を高める方法

 

ついでに、読書効果を高める方法もお伝えしておきますね。

 

具体的には、次の4つです。

 

  1. 集中力を高める
  2. メモをしながら読む
  3. 学んだことを実践する
  4. 学んだことを人に伝える

 

①集中力を高める

 

当たり前ですが、読書をするなら集中力を高める必要があります。

 

その具体的には、次の10個の方法があります。

 

  1. 完璧に理解しようとしない
  2. 集中力の高い時間帯に読む
  3. 時間を制限する
  4. 読書をルーティーンにする
  5. 無音にする
  6. スマホを遠ざける(誘惑を排除する)
  7. 何冊か並行して読む
  8. 読む目的をはっきりさせる
  9. 糖質を摂らない
  10. 有酸素運動をした後に読む

 

詳しい解説が気になる方は、「今すぐできる!読書中の集中力を高める11の方法【3時間は読める!】」をどうぞ。

 

②メモをしながら読む

 

読書効果を高めるには、メモも有効です。

 

やはり、人を文字を書いているときに、脳が活発に動くためです。

 

具体的には、学んだことや、気づいたこと、今後取り組みたいことなどを、本に直接書き込むのがおすすめです。

 

ただ、本が汚れるのが気になる方は、読書専用のノートを準備するのがおすすめになります。

 

③学んだことを実践する

 

本から得た知識は、必ず実践しましょう。

 

なぜなら、知識が経験に変わるからです。

 

知識は簡単に忘れますが、経験したことは忘れにくいです。

 

それに読書の知識は、そもそも日常生活で活用するためにあるので。

 

④学んだことを人に伝える

 

あと、学んだことは人にも伝えてあげましょう。

 

人に教えることで、自分の思考の整理もなりますし、相手のためにもなります。

 

読書量を増やしたい方におすすめの本

 

読書量を増やす方法について、解説してきましたが、さらに読書量を増やす方法について知りたい方は、樺沢紫苑さんの「読んだら忘れない読書術」がおすすめですよ。

 

本書は、読んだ本を記憶にとどめるための方法を解説した本です。

 

ただ、何よりかなりの本を読んでいる樺沢紫苑さんの読書術を学べるので、読書量を増やしたい方にも参考になりますよ。

 

また純粋に、読んでおきたい本をまとめた「【2021年最新版】20代で読んでおきたいおすすめ本25選!」が本探しに参考になると思います。

 

 

まとめ:読書量が多い人は人生を有利に生きられる!

 

本記事において、読書量の多い人の特徴は、次のようになりました。

 

  1. 好奇心が旺盛
  2. プライドが高い
  3. 論理的思考力が高い
  4. 創造性・発想力がある
  5. 自分で調べ考えようとする
  6. 多角的な視点で物事を見ている
  7. 自分のことをよく知っている
  8. 良質な人間関係を築ける
  9. メンタルが安定している
  10. 年収が高い
  11. 幸福度が高い

 

結論からいうと、読書量が多い人は、人生を充実させやすいです。

 

知識が増え、思考力が養われるので当たり前ですよね。

 

でも今あまり本を読んでいなくても、焦る必要はありません。

 

小さく始めて、読書を続けていれば、必ずあなたに必要は本が現れて本の世界に夢中になるでしょう。

 

本とは、出会いです。

 

今回は以上になります。最後まで、ご覧いただきありがとうございました。

 

-読書, 読書量

© 2022 TAKESHI BLOG Powered by AFFINGER5