読書 読書習慣

誰でもできる!読書習慣ゼロから1500冊の本を読破した5つの方法

 

こんにちは、たけし(@takeoinvests1)です。

 

僕は毎日2〜6時間の読書を2年半ほど続け、累計で1,576冊の本を読んでいます。

 

今回は

 

  • 読書習慣が大切ってわかってるのに、まったく本が読めてない自分が嫌になる
  • どうすれば、定期的に読書できるようになるんだろう?

 

という悩みにお応えします。

 

本記事を読めば、読書を習慣にするコツがわかって、最低でも週1冊の本は読めるようになりますよ

 

たけし
なぜなら僕こそ、まったく本を読まないところから、読書習慣をつけれたからです。

最初は月数冊からはじまり、今では月50冊ほどの本を読んでいます。

 

そこにはあるきっかけと、日々の心がけがありました

 

本記事では、次のことをお伝えします。

 

  • 読書習慣をつけるメリット
  • 日本人の約8割が読書習慣がない事実
  • 読書習慣をつけられない理由
  • 僕が読書習慣をつけられたきっかけ
  • 読書習慣をつける5つの方法
  • 読書習慣をつけるのにおすすめの本

 

サクッと読書習慣のつけ方だけ知りたい方は、「読書習慣をつける5つの方法」へどうぞ。

 

本記事の内容を実践していただければ、自然と本が読める体質に変わっちゃっいます。

 

読書習慣をつけるメリット

 

何となく読書のメリットをご存知だと思います。

 

ただ何のために読書習慣をつけるかの確認として、本を読むメリットをサクッと次にまとめてみますね。

 

  • 知識が増える
  • 思考力がつく
  • 決断力がつく
  • 創造性がつく
  • 集中力がつく
  • 好奇心を養える
  • 問題解決力が上がる
  • 客観的な視点がつく
  • ストレス解消になる

 

上げればキリがありません。

 

上記のようなメリットを得られる結果として、仕事で活躍できて収入が上がり、人生の選択肢が増え人生が変わってきます。

 

また僕が本をたくさん読んで起きた、人生の良い変化を「【体験談】読書1000冊で僕の人生に起きた劇的な変化6選!」に書いているので、ご興味がある方はあわせてどうぞ。

 

日本人の約8割に読書習慣がない

 

読書にはたくさんのメリットがあるのに残念ですが、日本人のほとんどが本を読みません。

 

次の表は文化庁が、3,600人に対して「1ヶ月にだいたい何冊くらい本を読むか」と質問した回答の割合です。

 

1ヶ月にだいたい何冊くらい本を読むか
読まない 47.3%
1 , 2冊 37.6%
3 , 4冊 8.6%
5 , 6冊 3.2%
7冊以上 3.2%

(参考元:文化庁「平成30年国語に関する世論調査」)

 

読書習慣を週に1冊以上とすると(だいたいの習い事が週1回以上なので)、実に84.9%の方が、本を読んでいないことがわかります。

 

たけし
ちなみに楽天ブックスの調査によると、ビジネスマンの約32%が新年の豊富に「読書をすること」としています。(「貯金をする」についで2位)

 

読書習慣がない理由

 

ではなぜ、多くの人に読書習慣がないのでしょうか?

 

考えられるのは、次のような理由です。

 

  • 忙しい
  • 疲れている
  • 楽しくない
  • めんどくさい
  • 文章や字が苦手
  • スマホに気が散る
  • 役に立っている実感がない

 

上記のなかで、読書が続かない本質的な理由は「楽しくない」と「役に立っている実感がない」の2点です。

 

なぜなら忙しくても疲れていても、楽しいことや役立つことなら人はやるので。

 

では以降で、本を楽しみながら読書習慣をつける方法をお伝えしていきます。

 

僕が読書習慣を作れたきっかけ

 

僕が読書習慣を作れたきっかけは、「読書による圧倒的な悩みの解消」です。

 

読書をはじめる直前の僕の状況は、次の感じでした。

 

  • 社会人1年目でメンタル疾患になる
  • 休職7ヶ月目
  • 手取り給料7万円
  • 借金30万円
  • 会社員で年収1000万円が人生のすべてだと思っていた
  • その人生が破綻し絶望

 

そのとき、友人にすすめられた「金持ち父さん貧乏父さん」という本を読み、僕の悩みがすべて吹き飛びました。

 

本書は金持ちになるための考え方がわかる本で、会社員はむしろ「貧乏の道」と知り、僕のなかで、劇的なパラダイムシフトが起きていました。

 

いうなら「たけし1.0」から「たけし2.0」へのアップデート!

 

たけし
なんて自分は無知なんだ!いったいどれだけの損をしてきたんだ!

読書をすれば、知らないことを知って人生を変えられる!

 

と確信し、本を貪り読んでは書いてあることを、実行するようになりました。完全に、読書にハマった瞬間です。

 

 

誰でもできる!読書習慣をつける5つの方法

 

かくして読書にハマった僕が、読書を習慣にするのに大切だと感じるのは、次の5つです。

 

  1. 悩みを解決できそうな本を選ぶ
  2. 本を読む時間を決める
  3. 完璧主義を吹き飛ばす
  4. 読破数を目標にしない
  5. オーディブルを活用する

 

①悩みを解決できそうな本を選ぶ

 

読書を習慣にするには、「何を読むか」が最重要です。それで読書を楽しめるかどうかが決まります。

 

そして本は、「あなたの悩みを解決できそうで1番読みやすい本」を選びましょう。

 

難しい本は、続かなくなるのでNGです。

 

あなたは今、何に悩んでいますか?あなたの苦痛は、どこにありますか?思いつかないなら、強い願望でもかまいませんよ。

 

だいたい人の悩みは「健康」「人間関係」「仕事」「お金」のどれかなので、参考に考えてみてください。

 

そして本を探すときは、次の4つの方法がおすすめです。

 

  1. 本屋で気になった本をとにかく手に取る
  2. 人からのおすすめは必ず読む
  3. 人におすすめの本を聞く(悩みを開示できたらベスト)
  4. 悩みついての検索結果のおすすめ書籍を読む(例:「お金 増やし方 本」)

 

できそうなことから、はじめてみてください。

 

僕のおすすめの本も、「読書習慣をつけるのにおすすめの本」にまとめているので、参考にどうぞ。

 

②読書する時間を決める

 

読書をする時間を決めると、習慣化しやすくなります。

 

僕の場合は、次の感じです。

 

  • 朝起きて日記を書いた後
  • その日の最重要タスクが終わった後
  • 家事中(オーディオブック)
  • 夕飯後
  • お風呂の後から寝る前

 

新しく習慣にしたいことは、今の習慣の後にすると、自然とできるようになります。

 

例えば、お風呂の後にソファーで本を読むなど。ぜひ試してみてください!

 

③完璧主義を吹き飛ばす

 

読書を習慣にする上で、次のような完璧主義は大敵です。

 

  • 最初から最後まで読む
  • すべてを理解しようとする
  • 難しい本を読む必要があると考える

 

はっきり言います。本は、テキトーに読みましょう

 

読みたいところだけ読んで、つまらなくなったらポイしましょう。

 

僕は目次を読んで、気になるところに飛ぶという読み方をしています。

 

あと「1冊読み終えてから、次の本にいく」という方がいますが、その本がつまらなくなったら、そこで読書が終了するので、おすすめしません。

 

僕は20冊くらいを並行して読んでいます。

 

④読破数を目標にしない

 

かなり重要ですが「今月5冊読む」など、読破数を目標にしてはいけません。

 

なぜなら数を読むことが目的になって、挫折しやすいからです。

 

もし僕が1000冊の読破を目標にしていたら、確実に挫折していたと思います。

 

読書は「得た知識や考えを日常に役立てて、知らないことを知る喜びを味わうこと」が究極の目的になります。

 

つまり、楽しいから読書をする、読書したいから読書するということです。

 

ここで紹介する方法を実践していただければ、その感覚を味わえるはずです。

 

⑤オーディブルを活用する

 

オーディブルとは、Amazonが提供するオーディオブックサービスです。

 

最大のメリットは、耳から本を読めるので、読書に両目と両手を使わなくてもいいところになります。

 

なので家事や運動、運転中などでも読書が楽しめます。

 

読書習慣が加速すること、間違いありません。

 

ちなみにしっかり朗読してくれるので、理解しやすいし頭にも残りやすいですよ!

 

30日間の利用と最初の1冊が無料なので、試すだけでもお得です!

 

詳しくは「オーディブルを1年使った率直な感想!読書習慣をつけるのにおすすめ」にも書いているので、あわせてどうぞ。

 

Amazonオーディブルの無料体験はこちら!

 

補足:flierを活用する

 

読書習慣を加速させるのに、「flier」もおすすめです。

 

flierとは、1冊を10分で読めるようにまとめてくれている本要約サービスです。

 

2,500冊ほどの要約が読み放題なので、あなたが読みたい本の内容をすばやく理解するのに役立ちます。

 

僕も「自助論」や「生きがいについて」など、名著ながら読みにくい本を読むのに重宝しています。

 

時間がなくても、サクッと内容を確認できるので情報収集に打って付けです。

 

初回7日間無料なので、ちょっとのぞいてみるだけでも効果大です。

 

もっと詳しく知りたい方は「flier(フライヤー)を使った感想!効率的なインプットに最適」もどうぞ。

 

>>flierを7日間無料で体験するならこちら!

 

読書習慣をつけるのにおすすめの本

 

具体的に、どの本を読めばいいかわからない方は、僭越ながら僕のおすすめの本を紹介しますね。

 

僕のおすすめは、「【2021年最新版】20代で読んでおきたいおすすめ本25選!」にまとめているので、ぜひご確認ください。

 

すべてビジネス書で恐縮ですが、仕事やお金、経済学、心理学、転職、マーケティングなど多岐にわたる良書をピックアップしているので、必ずあなたの読みたい本が見つかるはずです。

 

まとめ:読書習慣をつければ人生は変わる

 

読書習慣をつけるコツを再掲します。

 

  1. 悩みを解決できそうな本を選ぶ
  2. 本を読む時間を決める
  3. 完璧主義を吹き飛ばす
  4. 読破数を目標にしない
  5. オーディブルを活用する

 

たくさんのメリットがあるのに、読書を習慣にしている人はほとんどいません。

 

だからこそ、読書を楽しめる人は人生を充実できるし、僕はそう信じています。

 

本記事を参考に、楽しい読書習慣をつけていただければ幸いです!

 

あわせて、読書習慣についての次の記事もどうぞ。

 

 

Amazonオーディブルの無料体験はこちら!

 

>>flierを7日間無料で体験するならこちら!

 

-読書, 読書習慣

© 2022 TAKESHI BLOG Powered by AFFINGER5