読書 読書習慣

これで本に夢中になれる!読書が苦手を克服する方法と続けるコツ

 

こんにちは、たけし(@takeoinvests1)です!

 

今回は

 

  • 読書がなかなか続かない
  • 本を読みたくても、読む気になれない
  • 本の内容が理解できないし、すぐ飽きる

 

という悩みにお応えします。

 

本記事を読めば、読書が苦手を克服して、本に夢中になれますよ

 

たけし
なぜなら僕こそ、ほとんど本が読めないところから、今では毎日2〜6時間ほどの読書を続け、2年半で1,500冊以上の本を読めるようになったからです。

 

そんな僕だからこそ、あなたが読書を苦手とする理由と、その克服方法をお伝えできます。

 

本記事は、次の内容でお話しします。

 

  • 読書が苦手な時点で前進してる話
  • 日本人の約8割が読書が苦手
  • 読書が苦手な理由
  • 読書が苦手を克服する方法
  • 読書が苦手でも本を読み続けるコツ

 

サクッと読書が苦手を克服する方法だけ知りたい方は、「読書が苦手な理由は心が動いていないから」へどうぞ。

 

本記事を読み終える頃には、読書が苦手を克服する考え方がわかって、心が楽になるはずです。

 

5分ほどで読み終える内容なので、ぜひ最後までご覧ください。

 

読書が「苦手」な時点で前進している!

 

読書が苦手だと

 

  • 読書できない自分ってダメだな
  • 本を読めないとか、人よりも劣ってるよね

 

と感じるかもですが、絶対にそんなことはありません。

 

なぜなら「読書が苦手」の裏には「読書したい!」「もっと本を読みたい!」という強い思いがあるからです。

 

本を読もうとしない人は、「読書が苦手」なんて感じないですよね。「本を読みたい!でも苦手」と感じるのは、好奇心や成長意欲にあふれている証拠です。

 

その時点で他の人よりも、一歩も二歩も前にいることを覚えておいてくださいね。

 

日本人の約8割が読書が苦手

 

日本人の約8割ほどが、読書を苦手だと言えます。なぜなら、本をほとんど読まない人が84.9%もいるからです。

 

次の表は文化庁が、3,600人に対して「1ヶ月にだいたい何冊くらい本を読むか」と質問した回答の割合です。

 

1ヶ月にだいたい何冊くらい本を読むか
読まない 47.3%
1 , 2冊 37.6%
3 , 4冊 8.6%
5 , 6冊 3.2%
7冊以上 3.2%

(参考元:文化庁「平成30年国語に関する世論調査」)

 

「読書しない=読書が苦手」とは言い切れませんが、少なくとも本を読まない人が得意であるとは考えにくいですよね。

 

ここでお伝えしたいのは、「読書が苦手=特別ダメなことではなく、日本では当たり前のこと」ということです。

 

なので今、本が読めてなくてもへこむ必要はありません。

 

以降で、読書が苦手を克服する方法をお伝えします。

 

読書が苦手な理由は心が動いていないから

 

ここから本題に入ります。

 

読書が苦手と「感じる」様々な理由

 

読書が苦手と感じるのには、次のように人によって様々な理由があるはずです。

 

  • 集中力が続かない
  • 内容を理解できない
  • 他の誘惑に勝てない
  • そもそも活字が苦手
  • 仕事や家事で忙しい
  • 仕事や家事で疲れている

 

確かに、上記のような理由もあるでしょう。

 

しかしそれらは、あなたが読書が苦手な、本当の理由ではありません。

 

あなたが読書が苦手な本当の理由

 

あなたが読書を苦手とする本当の理由は、読書で心が動いていないからです。

 

「心が動く」とは、例えば次のようなことです。

 

  • なるほど、そんな考え方があったのか!(感動・知的興奮)
  • なんてすばらしい内容なんだ(感動・共感)
  • これを実践すればもっと良くなるかも(期待・興奮)
  • 自分はやばいかもしれない(焦り・危機感)

 

人は、心が動くと記憶に残やすくなり、行動が促進されます。

 

このように読書によって心が動くことを、「読書体験」と言います。

 

あなたが読書が苦手なのは、読書体験がないからです

 

逆にいうと、読書が苦手の本質的な解決方法は、「読書体験を得ること」なのです。

 

読書が苦手を克服する方法

 

では、どうすれば、読書体験(読書で心が動く経験)を得られるでしょうか?

 

答えはとてもシンプルで、「あなたが興味のわく本を、とにかく読んでみること」です。

 

身もふたもないかもですが、それしかありません。

 

苦手な食べ物を克服するには、その食べ物を食べるしかないですから。

 

ただ、次のことを意識してみてください。

 

  • 無理に克服しようとしない
  • 本には常にアンテナを張る
  • おすすめされた本は目を通す
  • おもしろそうな本は目を通す

 

興味のある本・もしくは自然と目を惹かれる本は、目を通してみてください。

 

そうしていると、いつしかあなたに強烈な読書体験を与えてくれる本に、必ず出会えます。

 

読書が苦手でも続けやすくするコツ

 

とはいえ、「読書体験を得るまで待てない」という方もいるでしょう。

 

そんな方は、次のことを意識してみてください。

 

  1. 難しいそうな本は読まない
  2. つまらない本は読むのをやめる
  3. 読み時間を決める
  4. 少しでいいので毎日読む
  5. 定期的に本屋さんにいく
  6. オーディブルを活用する
  7. Kindle Unlimitedを利用する
  8. 本要約サービスflierを利用する

 

①難しいそうな本は読まない

 

難しそうな本を読むのは、避けましょう。理解できずに読まなくなって、読書が嫌になるので。

 

②つまらない本は読むのをやめる

 

つまらない本を読むのも、避けましょう。読まなくなって、読書が嫌になるので。

 

③読み時間を決める

 

本を読むときは、あらかじめ時間を決めておくのがおすすめです。

 

例えばベットに入ってから5分間とか、通勤中とか。

 

そうすれば、自然と、本に手が伸び始めます。

 

④少しでいいので毎日読む

 

たくさん読まなくていいので、とにかく毎日本を読みましょう。

 

なぜなら、毎日やった方が結局、楽だからです。

 

例えば、歯磨き。3日に1回にする方が難しくないですか?

 

毎日、1分でも1行でもいいので、本を読み続けてください。

 

⑤定期的に本屋さんにいく

 

定期的に本屋さんに行く時間を、作ることを強くおすすめします。

 

それは、興味のわく本を探すためです。

 

どんな本があるのか、定期的にリサーチすることで、本と触れ合う時間を自然と増やしていきます。

 

会社員の方なら、仕事終わりや休日など、必ず本屋さんに行く時間を、あらかじめ確保しておきましょう。

 

⑤オーディブルを活用する

 

オーディブルとは、amazonが提供するオーディオブックサービスです。メリットは、次の感じ。

 

✔️オーディブルのメリット

  • 最新のビジネス書や話題の本から、好きなのを選べる
  • 最初の1冊が無料なので、登録するだけで本がもらえる
  • 読書に目と手が不要ので、家事や移動中、運転中などに読書できる

オーディブルは月額1,500円ですが、最初の30日間と1冊が無料で、返品・解約がいつでもできます。

 

もちろん解約した後も、受け取った本はずっと聴けるので、ぜひ1度お試しください!

 

もう少し詳しくは、「オーディブルを1年使った率直な感想!読書習慣をつけるのにおすすめ」にも書いていますよ。

 

今なら読みたい本が1冊無料でもらえちゃいます!

オーディブルの無料体験に申し込む

※ながら読書で効率的に本を読もう

 

⑦Kindle Unlimitedを利用する

 

kindle Unlimitedは、amazonが提供する、電子書籍読み放題サービスです。メリットは、次のようになります。

 

✔️KIndle Unlimitedのメリット

  • 月額980円で200万冊ほどの本が読み放題
  • スマホやタブレット、パソコンから本が読める
  • 本の持ち歩き不要で、本を開くこともなし
  • マンガや雑誌も豊富

 

次のように、とにかく読める本が多いので、スマホやパソコンから、いつでもどこでも本を探して読めるのがポイントです。

 

興味のわく本を探すの、これ以上のサービスはありません。

 

 

 

月額980円ですが、本も漫画も雑誌も読み放題なので、本1冊、漫画2冊ほど読めばもとがとれます。

 

加えてkindle Unlimitedには、30日間無料キャンペーンの他に、条件によって今なら2ヶ月で月額199円で加入できます。

 

30日間無料で200万冊の本が読み放題!

Kindle Unlimitedの無料体験に申し込む

※お得なキャンペーンを見逃すな!

 

⑧本要約サービスflierを利用する

 

flier」 とは、1冊の10分で読めるように要約してくれている、本要約サービスです。メリットは、次です。

 

✔️flierのメリット

  • 2,500冊以上の本の要約を10分で読める
  • 古典から最新のビジネス書まで、2,500冊以上の品揃え
  • 専門のライターによるクオリティーの高い要約
  • 通勤中やスキマ時間などに、本1冊の内容が理解できる
  • 読みたい本の内容確認や、読んだ本の復習に便利
  • 音声読み上げがあるので、耳からでもインプットできる

 

値段は2,200円*ですが、2,500冊分の情報を気軽にインプットできると考えると、かなり安いです。

※本記事からお申し込みいただけると、月額2,200円から1,980円になり最初の7日間が無料です。

 

試すだけでも、お得ですよ!

 

もう少し詳細を知りたい方は、「flier(フライヤー)を使った感想!効率的なインプットに最適」をご確認ください!

 

7日間無料で2,500冊の要約が読めます。

flierの7日間無料体験に申し込む!

※本記事からの登録で月額2,200円→1,980円

 

読書が苦手な人におすすめの本

 

では参考までに、読書が苦手な方でも読みやすくて、読書体験を得られやすい本を紹介します。

 

詳細は、「【2021年最新版】読書が苦手でも読みやすいおすすめ本25選!」にまとめているので、ぜひご覧ください。

 

まとめ:読書が苦手は自然と克服できる

 

読書が苦手な本質的な理由は、「読書体験」がないからです。

 

克服する方法としては、「興味がある本を、とにかく読んでみること」です。

 

それ以外にありませんが、それさえすれば自然と本に夢中になっていくのです。

 

そして本を読むときは、次のようなことも心がけると、なおいいですよ。

 

  1. 難しいそうな本は読まない
  2. つまらない本は読むのをやめる
  3. 読み時間を決める
  4. 少しでいいので毎日読む
  5. 定期的に本屋さんにいく
  6. オーディブルを活用する
  7. Kindle Unlimitedを利用する
  8. 本要約サービスflierを利用する

 

本記事で、少しでも読書への苦手意識がなくなっていただければ幸いです。

 

 

-読書, 読書習慣

© 2022 TAKESHI BLOG Powered by AFFINGER5