読書 読書習慣

知ればもっと本を読みたくなる!読書の目的とそのただ1つの見つけ方

こんにちは、たけし(@takeoinvests1)です!

 

僕は毎日2〜6時間ほど読書をして、ここ3年間で1,572冊の本を読んできました。

 

今回は

 

  • 読書しなくても今まで生きてこれたし、本を読む意味ってどこになるの?
  • 人から読書しろと言われるけど、読書の目的ってなに?

 

という思いに、お応えします。

 

本を読む目的がはっきりしないと、なかなか読書を頑張る気になれず、続かないものですよね。

 

僕もそうでした。

 

でも本記事を読めば「何のために本を読むのか」、つまりあなたの読書の目的が明確になりますよ

 

たけし
なぜなら僕は、本を3年以上読み続けるなかで、読書の目的が明確になり、どんどん本に夢中になっていったからです。

 

そこで本記事では

 

  • 読書の目的とは
  • 読書する3種類の目的
  • 読書する目的を見つけるたった1つの方法

 

について、解説します。

 

僕もまだまだ読書と向き合っている途中です。

 

それでも本記事を読んでいただければ、あなたの読書の目的を見つけ、楽しく充実した読書ライフを送れるようになりますよ

 

5分ほどで読める内容なので、ぜひ最後まで読んでいただければうれしいです!

 

読書の目的とは

 

読書の目的とは、「自分の悩みを解決するヒントを得ること」です。

 

本には、これまで人類が何万年もかけて、学んだ知識や経験が書かれています。

 

時代が変わっても、人の悩みは変わらないもので

 

  • 健康
  • 効率
  • 便利
  • 快楽
  • 安全
  • 承認
  • 愛情

 

などを追求してきました。

 

その知恵が本に書かれており、あなたの悩みを解決するヒントが得られるのです。

 

得られるのは「ヒント」であり「答え」ではない

 

ただ注意すべきなのが、本から得られるのは「ヒント」であって「答え」ではないことです。

 

なぜなら、人生に正解はないので

 

正解があるなら、ほとんどの人が同じような生活をして、同じように幸せを感じるでしょう。

 

しかし、今の世界にはいろいろな考え方や生き方、幸せがありますよね。

 

ヒントを得たら自分で考えることが重要

 

でも答えがないなら、どうやって悩みを解決すればいいの?

 

と感じるかもしれませんね。

 

答えを見つけるには「ヒント」を得て「自分で考える」ことが大切です。

 

本にヒントが書かれていても、あなたと著者は違う人間です。考え方や性格、環境、時代などが異なります。

 

答えがないなら、自分で考えいろいろ試しながら、自分だけの答えを見つけるのです。

 

ヒントを得れば悩みを解決できる確率が上がる

 

でも考えることなら、今もやってるし読書なんていらないじゃん

 

という指摘もあるかもですね。

 

では、あなたが地図もスマホもなしで、まったくしらない場所に連れていかれ、自力で家に帰るとしたらどうしますか?

 

周りには看板もなく、人しかいません。

 

おそらく周りにいる人に、次のようなことを聞くのではないでしょうか。

 

  • ここはどこか
  • どうやったら帰れるか
  • どうすればもっと早く楽に帰れるか

 

そのヒントをもとに、行動し障害を乗り越えながら家に帰るはずです。

 

読書も同じ。あなたの悩みを、すでに解決している人が本でヒントを与えてくれています。

 

その情報をもとに考え行動した方が、悩みを解決できる確率が上がるのは明白ですね。

 

読書の3種類の目的

 

読書の目的とは、「自分の悩みを解決するヒントを得ること」でした。

 

ただ、悩みによって目的は分かれます。

 

古代の哲学者アリストテレスは、読書の目的を次の3つに分類しました。

 

  1. 研究目的
  2. 実用目的
  3. 娯楽目的

 

①研究目的

 

研究目的とは自分が興味のあることをもっと知って、謎を解明するための読書です。

 

一番わかりやすいのが、宇宙かもしれませんね。

 

宇宙は謎だらけなので、たくさん研究しなければなりません。

 

そのためには、「今わかっていることは何か」「他の人は宇宙の謎についてどう考えているか」を本から学ぶと、自分で考えやすくなりますよね。

 

②実用目的

 

実用目的とは、仕事や生活などで役立つ情報を得るための読書です。

 

  • 「どうすればより健康で、便利に心安らかに生活できるか」
  • 「どうすれば仕事で活躍して評価やお金を得られるか」

 

など、実生活をより良くするための知識を、本から学びます。

 

実生活は自分に身近なので、自分の頭だけで考えて答えを出そうとしがちです。

 

しかし本からヒントを得た方が、より良くなるのは確実です。

 

③娯楽目的

 

娯楽目的とは楽しむための読書です。

 

小説のストーリーに引き込まれたり、エッセイに共感したり、知的好奇心を満たしたり。

 

あれ?でも楽しむのって、悩みと関係ないじゃん

 

と思うかもですが、もっと楽しいことをしたいというのは、人間の欲求であり悩みでもあるのです。

 

読書の目的を見つけるたった1つの方法

 

そもそも読書の目的はわかったけど、今の自分が本を読む目的は見つからない

 

と感じている方は、少なくありません。

 

そこで僕からの提案は、「あなたの最大の悩みを解決する」のを読書の目的にすることです。

 

あなたは今、どんなことに悩んでいますか?

 

  • 仕事で成果を出したい
  • お金がほしい
  • 心の不安をなくしたい
  • 体調を良くしたい
  • キレイな見た目なりたい
  • モテたい
  • 人間関係を良くしたい

 

いろいろあるなかで、あなたを最も悩ませているのは何でしょうか?

 

一番の痛みは、どこにありますか?

 

悩みを明確にしたらそれを解決してくれそうで、あなたが一番読みやすい本を探して、読んでみてください。

 

きっと、スルスルっと本が読めて、読書の楽しさやメリットを実感できるはずです!

 

まとめ:読書の目的を明確にして本を楽しもう!

 

読書の目的は、「自分の悩みを解決するヒントを得ること」でした。

 

読書の目的を分類すると、主に次の3つになります。

 

  1. 研究目的:興味のあることをもっと知って、謎を解明するための読書
  2. 実用目的;実生活に役立つ情報を得るための読書
  3. 娯楽目的:楽しむための読書

 

そして、あなただけの読書の目的を見つける方法として、「あなたの今抱えている最大の悩みを解決するため」ことを提案しました。

 

読書の目的が明確になれば、やる気も出て、より真摯に本と向き合えるはずです。

 

そうなれば、読書が楽しくて仕方がなくなります。

 

本記事が、あなたの読書ライフをより充実させるものになれれば、幸いです。

-読書, 読書習慣

© 2022 TAKESHI BLOG Powered by AFFINGER5