Webライター Webライティング

読まれるリード文(導入文)の書き方を5ステップで解説!【実例あり】

  • リード文の書き方に自信がなくて、どう書けばいいかわからない
  • いつもリード文を書くのに時間がかかる
  • リード文は大切って言われるけど、なんで重要なの?

 

と悩んでいませんか?

 

そこで本記事では、「リード文の重要性」と「誰でもできる読まれるリード文の書き方」を実例付きでお伝えしていきます。

 

たけし
僕は本記事で紹介するリード文の書く方をすると、クライアントから評価され、継続的な仕事と収入アップを実現できましたよ。

そうしてWebライター歴1年3ヶ月で、月収80万円ほどを稼ぐことができました。

 

具体的に本記事では、

 

  • そもそもリード文(導入文)とは何か?
  • リード文が大切な3つの理由
  • リード文を書くための5つのポイントと「型」

 

を解説していきます。

 

3分くらいで読めて、読まれるリード文を簡単に書けるようになっているはずなので、最後まで読んでみてください!

 

そもそもリード文(導入文)とは

リード文=導入文とは、記事の冒頭文のことで、最初の見出しの前にある文章です。

 

本記事で言えば、次の部分になります。

 

✔︎本記事のリード文

  • リード文の書き方に自信がなくて、どう書けばいいかわからない
  • いつもリード文を書くのに時間がかかる
  • リード文は大切って言われるけど、なんで重要なの?

 

と悩んでいませんか?

 

そこで本記事では、「リード文の重要性」と「誰でもできる読まれるリード文の書き方」を実例付きでお伝えしていきます。

 

たけし
僕は本記事で紹介するリード文の書く方をすると、クライアントから評価され、継続的な仕事と収入アップを実現できましたよ。

そうしてWebライティング歴1年3ヶ月で、月収80万円ほどを稼ぐことができました。

 

具体的に本記事では、

 

  • そもそもリード文(導入文)とは何か?
  • リード文が大切なら3つの理由
  • リード文を書くための5つのポイントと「型」

 

を解説していきます。

 

3分くらいで読めて、読まれるリード文を簡単に書けるようになっているはずなので、最後まで読んでみてください!

 

あまり意識している方は多くありませんが、リード文はとても重要です。

 

たけし
人によっては、「リード文で記事の8割が決まる」なんて考えられているほどです。

 

 

リード文(導入文)が大切な3つの理由

 

リード文が記事の8割」と言われるほど重要なのには、次の3つの理由があります。

 

  1. 読者が最初に目にして読み進めるか決めるから
  2. 滞在時間が伸びてSEOにいいから
  3. クライアントに評価されるから(Webライターの場合)

 

それぞれ、簡単に解説します。

 

①読者が最初に目にして読み進めるか決めるから

 

読者はリード文で、その記事を読むかどうか判断します。

 

なぜならリード文は、読者が最初に読む文章だからです。

 

読者がリード文をサッと見て、

 

  • リード文が読みにくい
  • この記事に何が書いてあるのか想像できない
  • この記事を読んでも、自分にはメリットなさそう

 

と感じると、本文まで読み進めてもらえませんよね?

 

逆に言えば、読者の期待を満たせれば、本文を読んでもらえます。

 

たけし
読者が記事を読むかどうかはリード文次第。なので記事の最重要パートとも言えますね。

 

②滞在時間が伸びてSEOにいいから

 

リード文は、記事の冒頭文なので、ここで離脱されると記事の滞在時間が短くなります

 

滞在時間はSEOに影響すると言われているので、長いほうが望ましいのは間違いありません。

 

たけし
滞在時間が長ければ長いほど、Googleに「よく読まれるいい記事なんだ」と判断してもらえる可能性があるからです。

 

いいリード文であれば、

 

  • リード文で離脱されない
  • その後の本文も安心して読み進めてもらえる

 

ため、滞在時間が伸びやすくなるはずです。

 

③クライアントに評価されるから(Webライターの場合)

 

リード文はSEOにも関わる重要なパートなので、クライアントはリード文でWebライターのスキルを判断します。

 

そのため読まれるリード文を書けるWebライターは、クライアントから評価されて継続的な仕事と収入を得られるはずです。

 

もちろん、リード文がすべてではありません。ただ良いリード文を書けるライターは、タイトルや構成などのレベルが高いのも事実。

 

たけし
僕は、一定レベルのリード文を書けるようになってから、クライアントからの信頼が高まったと実感しています。

 

それに、リード文を気にしていないライターが、多いことをご存知でしょうか?

 

本記事のリード文の書き方を参考にして、他のライターと差別化しましょう〜!

 

読まれるリード文(導入文)の書き方を5ステップで解説!【実例あり】

 

 

では、読まれるリード文の書き方を解説していきます。手順は、次の5STEPです。

 

  1. 読者の悩みを明確にする
  2. 記事から得られることを伝える
  3. 得られる根拠を示す
  4. 記事の要約をする
  5. 読了後の未来を示す

 

それぞれ実例を見せながら、解説しますね。

 

①読者の悩みを明確にする

 

最初に読者の悩みを明確にします。

 

そうすることえ読者からの「共感」を得られて、「自分の知りたいことが書いてるかも!」と感じてもらえれます。

 

本記事では、次の部分ですね。

 

 

想定読者が何に悩んでいるのかを、あらかじめ明確にするのがコツです。

 

②記事から得られることを伝える

 

次に、明確にした読者の悩みに対して、本記事を読んで得られることを伝えます。

 

それは、具体的に記事から得られることは何かをはっきりさせてあげるためです。

 

本記事の次の部分です。

 

 

つまり「リード文の重要な理由」と「実例付きのリード文の書き方」が、本記事から得られることになります。

 

③得られる根拠を示す

 

記事から得られることがわかったら、なぜ得られるのかの根拠も示します。

 

具体的には、「筆者は誰で、どんな人なのか(権威性)」「どうして得られると言えるのか(信頼性)」を伝えます。

 

本記事では、次の部分です。

 

 

本記事から「リード文が重要な理由」と「リード文の書き方」がわかる理由は、「リード文がクライアントに評価され、Webライターで月80万円を稼げたから」ということになります。

 

④記事の要約をする

 

記事の要約として、より具体的に何が書かれているかを伝えると、読者に安心感を与えられます。

 

何が書かれているかよくわからない記事を読むのは、ちょっと不安ですよね。

 

この記事では、次になります。

 

 

⑤読了後の未来を示す

 

最後に、読者に本文を読んでもらえるように、背中を押します。

 

そのときに有効なのが、読めばどんな明るい未来が待っているかを示すことです。

 

例えばダイエットを頑張っている人に、「本記事を読み終えるころには、1ヶ月で確実に3キロ痩せられる方法がわかりますよ」と言われれば、ついつい読み進めたくなるのではないでしょうか?

 

本記事では、

 

 

になります。

 

リード文(導入文)の書き方まとめ

 

読まれるリード文の書き方の手順は、次の5STEPでした。

 

  1. 読者の悩みを明確にする
  2. 記事から得られることを伝える
  3. 得られる根拠を示す
  4. 記事の要約をする
  5. 読了後の未来を示す

 

それぞれ、本記事のリード文と照らし合わせると

 

  1. 読者の悩みを明確にする:「リード文の書き方がわからない」と悩んでいませんか?
  2. 記事から得られることを伝える:本記事を読めば、「リード文が重要な理由」と「実例付きで読まれるリード文の書き方」がわかります。
  3. 得られる根拠を示す:なぜなら筆者の僕は、Webライティング歴2年ほどで、リード文でクライアントから評価をもらい月収80万円ほど稼いでいるからです。
  4. 記事の要約をする:本記事では「リード文とは」「リード文が重要な理由」「リード文の書き方」を解説します。
  5. 読了後の未来を示す:読み終えるころには、「読まれるリード文の簡単な書き方」がわかるはずです。

 

といった感じになりますね!

 

補足:他にも実例あります

 

僕だけの例では信ぴょう性が薄いかもなので、コンテンツ制作のプロであるバズ部さんの記事も参考にします。

 

バズ部さんの「狙ったワードで検索上位を達成するためのSEOキーワードの基礎知識」という記事のリード文が、次のようになっていました。

 

「狙ったキーワードで検索エンジンで上位表示を実現できるようになれたら・・・」

おそらく、WEBマーケティングを行っている方は、誰もが、そのような状態を夢見ていることだろう。

実は、SEOキーワードの基本さえ抑えておけば、そんなことは大して難しいことではない。

実際に、弊社は、このバズ部でもクライアント様サイトでも、狙ったキーワードでほぼ全て上位表示を達成することができている。

もし、あなたのサイトでも狙ったキーワードで上位表示されるようになりたいと思っているなら、ぜひ、このページを読み込んでみてほしい。そうすれば、なぜ、弊社が、それを実現できているのかが具体的に分かる。

そして、あなたも狙ったキーワードで上位表示されるようになるはずだ。

それでは早速始めよう。

 

リード文の書き方の5STEPにあてはめると、次のようになります。

 

  1. 読者の悩みを明確にする:「狙ったキーワードで上位表示できたら」と悩んでいるだろう。
  2. 記事から得られることを伝える:SEOキーワードの基本がわかる
  3. 得られる根拠を示す:なぜならバズ部は、狙ったキーワードでほぼ全て上位表示できているから。
  4. 記事の要約をする:狙ったキーワードで上位表示させる具体的な方法がわかる。
  5. 読了後の未来を示す:あなたも狙ったキーワードで、上位表示されるようになるはずだ。

 

ここまでで、読まれるリード文の書き方がわかったはずです。

 

リード文(導入文)を書くときの型

 

読まれるリード文の書き方を型としてまとめると、次のようになります。

 

  1. 読者の悩みを明確にする:〇〇と悩んでいませんか?
  2. 記事から得られることを伝える:本記事を読めば、〇〇がわかりますよ。
  3. 得られる根拠を示す:なぜなら、〇〇という実績があるからです。
  4. 記事の要約をする:本記事では、〇〇ということを解説していきます。
  5. 読了後の未来を示す:読み終えるころには、〇〇となっているでしょう。

 

もちろん、これがリード文の書き方のすべてではありませんが、まずは参考にしてマネるところから始めてみてください。

 

たけし
書いていくなかで、あなたの書きやすい型ができてくるはずです。

 

まとめ:リード文(導入文)の書き方を実践しよう!

 

リード文は、記事の冒頭文のことで、次の理由からとても重要なパートになります。

 

  1. 読者が最初に目にして読み進めるか決めるから
  2. 滞在時間が伸びてSEOにいいから
  3. クライアントに評価されるから(Webライターの場合)

 

そして、リード文の書き方は次でしたね。(実例付き)

 

  1. 読者の悩みを明確にする:「リード文の書き方がわからない」と悩んでいませんか?
  2. 記事から得られることを伝える:本記事を読めば、「リード文が重要な理由」と「実例付きで読まれるリード文の書き方」がわかります。
  3. 得られる根拠を示す:なぜなら筆者の僕は、Webライティング歴2年ほどで、リード文でクライアントから評価をもらい月収80万円ほど稼いでいるからです。
  4. 記事の要約をする:本記事では「リード文とは」「リード文が重要な理由」「リード文の書き方」を解説します。
  5. 読了後の未来を示す:読み終えるころには、「読まれるリード文の簡単な書き方」がわかるはずです。

 

ここまでくれば、あとは実践するだけです!

 

たけし
リード文を磨いて、スキル・実績・収入を上げていきましょう〜!

-Webライター, Webライティング

© 2022 TAKESHI BLOG Powered by AFFINGER5