読書 読書習慣

読書をすれば今すぐ人生が変わる話!3年間で1571冊読んだ体験談

こんにちは、たけし(@takeoinvests1)です。

僕は毎日2〜6時間の読書を1,000日ほど続け、ここ3年間で1,000冊以上の本を読んできました。

 

今回は

 

  • 読書で人生が変わるって本当?
  • 今のツライ状況も、読書で変えられる?
  • 自分を変えたい!でもその方法がわからない

 

という思いに、お応えする記事を書きました。

 

先にここで断言します。読書で人生は、変わります

 

だからこそ僕は、読書習慣を多くの人に広めるため、このブログを書いています。

 

たけし
僕もまさに読書で人生が変わり、救われた1人です。(正確には、変わりつつある)

今回の記事では、読書で人生が変わった僕の体験談をまじえつつ、読書で人生が変わる理由をお伝えしたいと思います。

 

具体的に本記事では

 

  1. 読書で僕の人生が変わった話
  2. 読書で人生が変わる理由
  3. 読書で人生を変えた多くの人たち
  4. 今すぐ読書で人生を変えるためのおすすめの4つの方法
  5. 読書で人生を変えるのにおすすめの本6冊

 

を紹介します。

 

本記事を読めば、お金や仕事、健康、人間関係などで悩むすべての人の人生が、読書で変わることを理解していただけるはずです

 

本記事の最後に、読書がしたくてウズウズしているあなたとお会いできることを楽しみにしています。

 

【体験談】読書で人生が変わる話

 

僕はあるきっかけで読書に夢中になり、読書で人生が変わると体感しました。

 

ここでは僕が読書をはじめたきっかけから、どのように人生が変わったかを紹介します。

 

僕が読書をはじめたきっかけ

 

僕が読書をはじめたきっかけは、強烈な「悩み」です。

 

社会人1年目だった僕は「不安障害」というメンタル疾患で会社を7ヶ月間、休職し、次のような状況にいました(2018年12月のこと)。

 

  • 貯金0
  • 手取り7万円
  • 借金30万円
  • 何をするにも不安
  • 不眠症をこじらせる
  • 将来のキャリアに絶望
  • 将来はきっと一生、貧乏で孤独
  • 友達にあわせる顔がなくて今も孤独

 

そのときに唯一、連絡を取っていた大学時代の友人から、電話で「金持ち父さん 貧乏父さん」という本を勧められたのです。

 

内容は、「どんなに収入が高くても、資産を作らなければお金持ちになれない」というもの。

 

会社で頑張って出世し、高い給料をもらえば金持ちなれると思っていた僕は、大きな衝撃を受けました。

 

 

読書が僕の人生で変えたこと

 

金持ち父さん 貧乏父さん」をきっかけに、自分が無知であると知りました。

 

そして「いろいろな知識や考え方を吸収すれば、悩みが消え人生が良くなるかも」と感じ、本を貪るように読みはじめたのです。

 

月の読書量は「0〜1冊→30冊以上」になり、今では累計1,000冊以上を読んできました。

 

休職中の僕から、現在の僕までに起きた変化をまとめると、次のようになります。

 

  • 2019年4月に会社に復職する
  • メンタルの安定には習慣が大切と知り、有酸素運動・瞑想・食事の改善・日記などを取り入れる
  • 個人で生きるため副業でブログやYouTube、Webライター、法人設立などに挑戦する
  • 自分のことを知るために、自分の心を探求しはじめる
  • 2019年6月にインデックス投資と仮想通貨の積立投資をはじめる
  • 2020年8月に副業の月収が20万円を超えてフリーランスになる
  • 2020年12月に結婚する
  • 2021年3月に月収80万円を超える

 

上記の変化はすべて、本から学んだことを実践しおこりました。

 

読書をする前の自分には、想像もできなかった未来です。このように読書には、人生を変える力があるのです。

 

読書で人生が変わるたった1つの理由

 

読書で人生が変わる理由は、新しい知識や考え方を得ることで「行動が変わるからです。

 

そして行動が変われば、「習慣」が変わります。

 

例えば本から、運動の科学的なメリットを知って運動をはじめる、効率的な仕事術を学んでビジネスに活かしてみるなど。

 

僕たちの人生は「習慣」でできているので、小さな行動の変化が、少しずつ人生を変えていくのです。

 

  • でも本を読んでも、行動を変えたことがない
  • 本を読んだところで、行動が変わると思えない

 

という方もいるかもですが、問題ありません。

 

本を読むときに、「学んだことの何かをやってみよう」と意識すればOKです。(何冊か読むうちに「これやってみよう」と自然と思うはず)

 

たけし
別に続かなくてもかまいません。

いろいろ試してみて、残ったものが、あなたの習慣になりますから。

 

読書で人生が変わった多くの人たち

 

僕に限らず、多くの人が、読書によって人生を変えています。

 

例えば

 

  • ビル・ゲイツ(マイクロソフトCEO)
  • マーク・ザッカーバーグ(Facebook CEO)
  • ウォーレン・バフェット(世界一の投資家)
  • イーロン・マスク(テスラCEO)
  • ジェフ・ベゾス(Amazon CEO)

 

など世界を代表する経営者の多くは、とてつもない読書家で知られています。

 

また日本ならホリエモンや孫正義さん、柳井正さんなんかも読書家です。

 

たけし
ちなみにモデルで女優・タレントのローラさんも、YouTubeで読書の魅力を紹介していて個人的に衝撃を受けました。笑

 

https://youtu.be/Lxuvtd1jTQw

 

現在、第一線で活躍している経営者やインフルエンサーの方はほぼ全員、読書をしていると言えますね。

 

彼らは、本から学びを得て行動に移し、少しずつ人生をよりよくしているのです。

 

たぶん彼らが読書をするのは、本には先人や第一人者の思考・知恵がつまっていると知っているからです。

 

読書で人生を変えるための4つの方法

 

読書で人生を変えるための、具体的な次の4つの方法を紹介します。

 

  1. 本に囲まれた環境に行く
  2. 読書のサブスクサービスを活用する
  3. 学んだことを人に伝える
  4. 学んだことを行動に移してみる

 

①本に囲まれた環境に行く

 

読書で人生を変えるには、まず本を読まなければなりません。

 

  • でも、本を買っても読まなくなっちゃう
  • カフェとかで本を読もうとしても、すぐスマホとか触っちゃう

 

という方も少なくないはずです。

 

そこで僕がおすすめするのは、書店や図書館など本に囲まれたところに行って、そこだけで本を読むことです。メリットは、次の感じ。

 

  • 気になる本が、自然と目に入る
  • 本を読むための環境が整っていて集中しやすい
  • 周りの人も熱心に本を読んでいるので自分も頑張れる(スマホを触ってる人は少数です)

 

その環境にいったら、とにかく気になる本を手にとり、好きなだけ読みましょう。飽きたら、また新しい本を探せばOKです。

 

すると自然と本の世界だけに、夢中になっているはずです。

 

たけし
めんどうかもですが、無理のない範囲で図書館か書店に行くタイミングを決めて、必ず定期的に通いましょう。

まずは行くことだけを目標にすればいいです。

 

②読書のサブスクサービスを活用する

 

読書のサブスクサービスを活用するのも、本を読むのにおすすめです。

 

スマホから気軽に読書できるので、本を開かなくてよく、習慣化しやすいです。

 

特ににおすすめは、次の3つのサービスになります。

 

  1. オーディブル:Amazonが提供するオーディオブック。月額1,500円。プライム会員なら3ヶ月3冊無料(4,500円分)。
  2. kindle unlimited:Amazonが提供する電子書籍サービス。月額980円で200万冊が読み放題。6月22日までの登録で3ヶ月間99円で利用できる。
  3. flier:1冊10分で読める本要約サービスで、月額2,200円で2,500冊以上の要約が読み放題。本ブログからの登録で月額1,980円に。初回7日間無料サービス付き。

 

それぞれの詳細が気になる方は、「オーディブルを1年使った率直な感想!読書習慣をつけるのにおすすめ」、「flier(フライヤー)を使った感想!効率的なインプットに最適」でも詳しく解説しているのでご覧ください。

 

まだの方は、合わせてプライム会員(月額500円)の登録もどうぞ

 

プライム会員の登録はこちら

 

③学んだことを人に伝える

 

本から学んだことは、家族や友人などに伝えるのもおすすめですよ。

 

アウトプットすることで、知識や考えが自分に定着し、本の内容と自分の考えを客観的に理解できます。

 

僕も、学んでワクワクしたことは、妻に雄弁に語るのがクセです。笑

 

たけし
そのおかげで、自分が考えていることも上手に整理される実感が持てています。

 

④学んだことを行動に移してみる

 

くどいですが、読書で人生を変えるのに最も重要なのが、学んだことを行動に移すことです。

 

本の内容すべてを実践する必要はないので、気になったことをやってみてください。

 

きっと少しずつ人生が良くなっていると実感できるはずです。

 

読書で人生を変えるのにおすすめの本6選

参考までに、読書で人生を変えるのにおすすめの本を次の6冊紹介します。

 

 

選んだ基準は、次です。

 

  • 読書に慣れてない人でも読みやすい
  • メッセージが一般的な常識に反している
  • 行動を変えやすい

 

それでは、1冊ずつ少しだけ紹介しますね。

 

①金持ち父さん貧乏父さん

 

本書は僕だけではなく、多くの経営者やインフルエンサーの価値観を変えたお金の教養についての本です。

 

中卒でお金持ちの友人のお父さんと、高学歴なのに貧乏で働き続ける自分のお父さんとの違いをみながら、お金持ちになる方法を解説しています。

 

会社で出世してお金を稼がなきゃ」という方が読めば、その考えが一変すること間違いなしです。

 

②嫌われる勇気

 

他者の評価や成功を気にせず、幸せに今に集中して生きる方法を説いた1冊。

 

アドラー心理学を日本に広め、承認欲求を捨て幸せになるには「嫌われる勇気を持て」というメッセージに何百万人の読者が衝撃を受けました。

 

「周りの目が気になる」「承認欲求で苦しい」「もっと自分らしい幸せな人生を生きたい」方全員が、読めば救われます。

 

③夢を叶えるゾウ

 

小説の自己啓発書です。

 

ガネーシャという関西弁の神様が、主人公の青年に成功者になるための方法を1つずつ伝え、実行させる内容になっています。

 

青年と一緒に1つずつ実行すれば、あなたの人生や生活も改善されるでしょう。

 

最後には感動のエピソードも待っていおり、作品としても楽しめますよ。

 

④LIFE SHIFT

 

「人生100年時代」でいかに生き、どのようなキャリアを歩んでいくべきかを記した本です。

 

これまでの「学校→就職→老後」というライフスタイルは崩れ、常に自分を探し、職を変えながら人生を歩むスタイルに変わると説かれています。

 

これから一生、会社で過ごすのが不安な方は、必読です。

 

⑤幸福のための人間のレベル論

 

本書によると、人間の幸せにはレベル分けがあるようです。つまりレベルが高ければ幸せになりやすく、低ければ幸せになりにくい。

 

レベルは9段階で、それぞれのレベルに当てはる人の特徴が詳細に書かれています。

 

そしてレベルを上げるには「気づく」必要があり、気づくための方法もロードマップ形式で伝えられていますよ。

 

本書を読むのが、幸福への第一歩です。

 

⑥ニュータイプの時代

 

現代はモノがあふれ生活を送るのに、これ以上のモノや技術は必要ないと多くの人が気づく時代になりました。

 

つまり人の生活を豊かに便利にする「正解」は溢れていますが(例:似たようなテレビが無数にある)、「問題」が希少化しているのです。

 

そのなかで活躍するには、これまでのように「正解」を見つける人ではなく、「問題」を作れる人だと本書は指摘します。

 

論理的思考での問題解決ではなく、センスや直感にしたがって問題を作り出せる「ニュータイプ」な人材になるための考え方と方法を示した指南書。

 

まとめ:読書はすべての悩みを解決する

 

本記事で、僕の体験談をまじえながら、読書で人生が変わることをお伝えしてきました。

 

僕が読書にハマったきっかけは、「悩み」があったことです。この世に、悩みのない人はいません。

 

  • 「もっとお金が欲しい」
  • 「健康になりたい」
  • 「人間関係をよくしたい」
  • 「モテたい」
  • 「仕事ができるようになりたい」
  • 「人から評価されたい」

 

などの悩みや願望があるなら、その解決策は本にあります。

 

あなたの悩みや願望を解決するために読書をすると、人生が変わる実感が持てるでしょう。

 

プライム会員の登録はこちら

 


 

 

-読書, 読書習慣

© 2022 TAKESHI BLOG Powered by AFFINGER5