Webライター

Webライターで稼ぐために必要なスキル5選【学習方法3つも解説】

Webライターに必要なスキルってなに?

稼げるようになりたいから、スキルの身につけ方も知りたいな。

 

こんな思いにお応えする記事を書きました。

 

本記事では、次のことを解説します。

 

  • Webライターが稼ぐのに必要なスキル5つを厳選紹介
  • Webライターのスキルの学習方法3つ
  • さらに稼ぎたい方限定で備えたい3つのスキル(おまけ)

 

たけし
という僕はWebライター歴1年8ヶ月でして、スキルを磨きながら仕事をし、今では月収80万円ほどを稼げるようになりました。

 

 

他の記事では、たくさんのスキルが紹介されていますが、僕は今回紹介するスキルだけで稼げています。

 

そんな僕が厳選したスキルと学習方法ですので、参考になれば幸いです。

 

Webライターで稼ぐために必要なスキル5選

 

Webライターが稼ぐのに必要なスキルは、次の5つのみです。これだけで、月20〜50万円は稼げます。

 

  1. 基礎的な文章力
  2. SEOライティング
  3. WordPressの知識
  4. 提案文(応募メール)を書く力
  5. 胆力(たんりょく)

 

それぞれ、解説しますね。

 

なお学習方法は、「Webライターのスキルの学習方法3つ」でまとめて紹介しますね。

 

①基礎的な文章力

 

Webライターに必要なのは「10歳の子どもでも理解できる文章力」になります。

 

なぜならWebの文章は、わかりにくいとすぐ離脱されてしまうからです。

 

きっとあなたも読みにくいと、すぐ別の記事に移るはずです。

 

なので、10歳の子どもでもわかるような文章を書く力を備えましょう。

 

②SEOライティング

 

SEOライティングとは、記事を検索上位に上げるためのライティングスキルのこと

 

検索上位の方がアクセスが多いため、クライアントはSEOライティングができるWebライターを重宝します。

 

たけし
僕もSEOライティングを磨いてから、文字単価が2〜3円以上に安定しました。

 

SEOは奥が深いですが、学ぶべきことは基礎的なことで十分なので、すぐ身につけられますよ。

 

③WordPressの知識

 

WordPressとは、誰でも簡単にブログサイトを作れるシステムのこと

 

Webライターに、WordPressの知識と実践経験は必須です。

 

なぜなら、WordPressを使った案件が多いからです。

 

たけし
実際に僕が抱えている仕事はすべて、WordPressを使っています。

 

なのでWordPressを使えないと、仕事の幅が狭くなってしまいます。

 

とはいえWordPressの知識は、自分でブログ運営すればすぐ身に付きます。

 

なおWebライターがブログをするべき理由は「Webライター初心者にブログをオススメする5つの理由と運営のコツ」に詳しくまとめているので参考になればうれしいです。

 

Webライター初心者にブログをオススメする5つの理由と運営のコツ

続きを見る

 

④提案文(応募メール)を書く力

 

提案文(応募メール)とは、クライアントにスキルや実績をアピールする文章のこと

 

Webライターの仕事は提案文を送って通過しないと取れないので、クライアントの目にとまる提案文を書けなければいけません。

 

ただ提案文の書き方は「Webライターの提案文の書き方【受注率50%超えのテンプレート付】」で学んでいただければ、かなり受注率は高まるはずです。

 

ちなみに、上記の記事を図解にしたのがこちら。

 

 

実践者からはすでに、実績が出ています。

 

 

Webライターの提案文の書き方【受注率50%超えのテンプレート付】

続きを見る

 

⑤胆力(たんりょく)

 

ここでいう「胆力」とは「どんなことがあってもやり抜く力=気力のこと」です

 

厳密には「スキル」ではありませんが、大切なので書くことにしました。(スキルは“心”という土台の上に積み上がっていきます)

 

Webライターには、胆力が必要です。

 

なぜならWebライターには、次のような苦難があるからです。

 

  • 仕事がとれない
  • 収入が少なすぎる
  • 勉強や仕事がめんどくさい
  • 理不尽なクライアントにあたってしまった

 

上記ののようなことを乗り越えながら、コツコツとスキルを磨き仕事を続けていく必要があります。

 

特に初期のころは地獄を見るでしょう。(僕は初月700円で心が折れました)

 

それでも「Webライターで稼ぐ」という「胆力」が求められるのです。

 

Webライターのスキルの学習方法3つ

 

以上のスキルを身につけるための学習方法は、次の3つになります。

 

  1. ブログを書く
  2. 本を読む
  3. 仕事をこなす

 

①ブログを書く

ブログを書けば、次のスキルのすべてを磨けます。

 

  • WordPressの知識
  • 基礎的な文章力
  • SEOライティング

 

なのでまずはWordPressでブログを開設して、自分の好きな記事を書いていきましょう。

 

でも、ブログを作るのって難しそう。

 

と感じるかもしれませんが、「完全初心者向け!WordPressブログの始め方【簡単3STEPで解説】」を参考にすれば簡単に作れますよ。

 

完全初心者向け!WordPressブログの始め方【簡単3STEPで解説】

続きを見る

 

②本を読む

 

基礎的な文章力とSEOライティングは、次の5冊を読めばOKです。

 

 

くれぐれも、本を「すべて読んでから」行動しないようにしてください。「少し読んだら、実践する」が成長への近道です。

 

詳しい書籍の解説は「Webライター初心者にオススメな本厳選5冊+α【月50万円はいける】」にまとめているのでどうぞ。

 

Webライター初心者にオススメな本厳選5冊+α【月50万円はいける】

続きを見る

 

③仕事をこなす

 

ブログと本で学びながら、仕事をこなすことで、実践的なスキルを磨いていきましょう。

 

そうすることで、本記事で紹介した5つのスキルは着実に磨かれていきます。

 

ちなみに仕事は、次の2つのクラウドソーシングサイトで探せばOKです。

 

  1. クラウドワークス:国内最大手で案件数が圧倒的に多い
  2. ランサーズ:国内2番手で、良質な案件がそろっている

 

たけし
僕はこの2サイトだけで、月収80万円を達成できました。

 

どちら無料で登録できるので、必ず2サイトとも登録して使いこなせるようになりましょう

 

仕事に応募するときは「Webライターの提案文の書き方【受注率50%超えのテンプレート付】」で提案文の対策も忘れずに。

 

Webライターの提案文の書き方【受注率50%超えのテンプレート付】

続きを見る

 

Webライターの中・上級者に求められる3つのスキル【おまけ】

 

以上でWebライターとして月50万円くらいまでは稼げるでしょう。

 

しかしもっと先に行きたい方は、次の3つのスキルも身につけましょう。(なお月20万円を達成していない方には不要です)

 

  1. 好きなジャンルの専門知識
  2. Webメディア運営スキル
  3. 仕組み化能力

 

①好きなジャンルの専門知識

 

Webライターでより収入を上げるには、特定ジャンルの専門知識が必要です

 

なぜなら、クライアントからの信頼を得やすくなるからです。

 

例えばあなたなら、次の2人のうち金融記事の執筆をどちらに任せたいですか?

 

  • テレビで資産運用の知識を勉強した主婦
  • 金融に関する本を読みながら自分で資産運用もしている銀行マン

 

大げさな例ですが、後者ですよね。

 

なのである分野での専門知識を身につける必要があります。

 

専門ジャンルを作る方法

 

専門ジャンルを作る方法は、次の手順になります。

 

  1. 専門ジャンルの本を5〜10冊読む(例:投資なら投資本)
  2. 得た知識を実践する(例:自分で投資を始める)
  3. 知識や実践したことをブログにまとめる

 

あなたの好きなジャンルでトライしてみてください。

 

より詳しい専門ジャンルの作り方は、下記の記事で深掘り解説していますので、参考になれば幸いです。

>>Webライターで収入が2倍になった専門分野の作り方【簡単5ステップ】

Webライターで収入が2倍になった専門分野の作り方【簡単5ステップ】

続きを見る

 

稼ぎやすい専門ジャンル

 

参考に稼ぎやすいジャンルを、掲載しておきますね。

 

原則「HARMの法則」を参考にするのがオススメです。

 

  • H(Health):健康・美容・コスメなど
  • A(Ambition):就職・転職・キャリア・資格・語学など
  • R(Relation):人間関係・恋愛・婚活など
  • M(Money):お金・資産運用・投資・仮想通貨・ FXなど

 

上記のジャンルは、市場が大きく稼ぎやすいですよ。

 

②Webメディア運営スキル

 

Webメディア運営のスキルが身につけば、メディアの全体的な運営に関わるディレクターになれるので、収入が上がります。

 

ディレクターとは、他のライターの管理やメディア運営の方向性を決めるポジションです。

 

Webメディア運営を学ぶには、やはりブログ運営が最適です。

 

まだ開設されてない方は「完全初心者向け!WordPressブログの始め方【簡単3STEPで解説】」からどうぞ。

 

完全初心者向け!WordPressブログの始め方【簡単3STEPで解説】

続きを見る

 

③仕組み化能力

 

Webライターで稼ぎを増やすなら、「仕組み化能力」も必要です。

 

つまり他のライターに仕事を外注して、管理する力です。

 

たけし
僕が月収40万から80万円にしたのは、外注化のおかげです。

 

単価の高い案件(3.0円以上)を複数確保して、他のライターに単価1.5円以上で仕事を発注します。

 

外注する方法はいくつかありますが、僕がやったのは次の2つになります。

 

  • Twitterで優秀なライターを雇う
  • 直接の知り合いに依頼する

 

外注化は大変ですが、うまく回せれば自分が働かなくても、収入を増やせるのがメリットです。

 

まとめ:Webライターはスキルを付けたもの勝ち

 

Webライターに必要なスキルは、次の5つでした。

 

  1. 基礎的な文章力
  2. SEOライティング
  3. WordPressの知識
  4. 提案文(応募メール)を書く力
  5. 胆力(たんりょく)

 

そしてその学習方法は、次の3つです。

 

  1. ブログを書く
  2. 本を読む
  3. 仕事をこなす

 

Webライターはスキルを付けたら勝ちます。

 

なぜなら実際に勉強して実践する人が、圧倒的に少ないからです。

 

本記事を読み終えたら、さっそく行動に移してみてください。

 

✔️ブログの開設方法

完全初心者向け!WordPressブログの始め方【簡単3STEPで解説】

続きを見る

✔️読むべきオススメ書籍

Webライター初心者にオススメな本厳選5冊+α【月50万円はいける】

続きを見る

-Webライター

© 2022 TAKESHI BLOG Powered by AFFINGER5