Webライター

Webライターに向いている人向いてない人の特徴10選【チェックリスト付き】

私ってWebライターに向いているのかな?チャレンジしてみたいけど、向いてなくて失敗するの嫌だし、前もって確認しておきたい。あと、仕事内容とか必要なスキルも知っておきたいな。

という悩みにお応えします。

 

そこで本記事では、次の内容をお伝えします。

  • Webライターに向いている人の特徴10選【チェックリストもあるよ】
  • Webライターの仕事内容・必要な5つのスキル
  • まずはチャレンジ!ノーリスクでできるWebライターの始め方

 

たけし
という僕は現在、Webライター歴1年9ヶ月目でして、友人・知人をふくめ、100名以上のWebライターさんと関わってきました。

そのなかでWebライターに向いていて続いてる人と、向いていなくてやめていく人の両方を見てきた経験があります。

@takeoinvests1

 

そんな僕が、Webライターに向いている人の特徴10個を紹介します。

 

先に本記事の結論を軽くお伝えすると、Webライターに向いているのは「誠実な人」で、あとはやってみて判断しようということですね

失敗しない、ノーリスクでできるWebライターの始め方も紹介しますよ。

 

もう少し詳しく知りたい方は、この先も読み進めてみてください!

 

 Webライターに向いている人の特徴10選

Webライターに向いている人の特徴は、次の10個になります。

  1. 誠実・真面目
  2. 文章を書くのが嫌いではない
  3. 自分の書きたいことを書けなくても大丈夫
  4. ダメ出しされても素直になれる
  5. 好奇心が強め
  6. 1人作業が嫌いではない
  7. 先回りして行動できる
  8. 営業が嫌いではない
  9. 地道に努力できる
  10. 自分で考えて行動できる

上記のすべてではなく、何個かに当てはまっていれば、Webライターに向いている可能性があります。

それぞれ、深掘り解説していきますね。

その①:誠実・真面目

誠実・真面目な人は、Webライターに向いています。

その理由は、クライアントや読者から信頼されるからです

 

Webライターは、個人で仕事をするため、信頼が命です。次のような方が、長く活躍しています。

  • 指示をきちんと守れる
  • 連絡をきちんとする
  • 納期を守る
  • ミスしたら謝れる
  • うそを書かない(きちんとリサーチする)
  • 誇張した表現を使わない

 

悲しい現実ですが、多くのWebライターは納期を守らなかったり、自分に不利なことがあると、突然連絡がなくなったります。

 

真面目に仕事ができるだけでも、貴重な人材になれるのです

 

その②:文章を書くのが嫌いではない

文章を書くのが嫌いでないなら、Webライターに適正がありますよ。

 

Webライターは文章を書く仕事なので、書くのが嫌いな人はどう転んでも向きません。が、そうでなければ仕事になります。

 

そもそもWebライターに興味がある時点で、文章を書くのが嫌いな人はそういないと思いますが...。

 

その③:自分の書きたいことを書けなくても大丈夫

大切なポイントですが、自分が書きたいことを書けなくても大丈夫な人も、Webライターに向いています。

なぜなら、Webライターの仕事はマニュアルや、型通りに文章を書くことがほとんどだからです。

 

たまに文章を書くのが好きでも、それは「自分の書きたいことを書くのが好き」という人がいます。

Webライターの仕事では、自分の書きたいことをほぼ書けないので、そういった人はストレスがたまるでしょう。

 

なので、自分の書きたいことを書けなくても平気な人は、Webライターで活躍しやすいですよ。

 

その④:ダメ出しされても素直になれる

ダメ出しされても、素直な気持ちでいれるのも、Webライターをやる上で重要な素質です

 

というのも、Webライターの仕事ではクライアントはもちろん、文章の素人である読者からも文章についてダメ出しされることがあるからです。

またクライアントさんのなかにも、厳しく何度も修正や指摘をしてくる方がいます。

 

そういった指摘に、いちいち頭にきていたら、キリがありません。

他人の意見を冷静かつ素直に聞き入れられる人は、Webライターとしての成長も早いですね。

 

その⑤:好奇心が強め

Webライターにとって好奇心は、不可欠です

なぜなら文章を書くには、たくさんの知識が必要だからです。

 

文章を書くにあたって、前提知識やリサーチが求められます。

執筆をする前に、本を読まなければならないケースもあるでしょう。

 

いろんなことに興味を持てる好奇心の強い人は、そういったリサーチが苦にならないのでWebライターに向いていますよ。

 

その⑥:1人作業が嫌いではない

1人作業が嫌いでない方も、Webライターに向いています。

 

Webライターの作業は、すべて1人で完結します。

もちろんクライアントとのやりとりはありますが、基本的には指示や指摘などの一方通行です。

 

1人で、もくもくと仕事ができる方は、Webライターに向いています。

逆に、チームでまとまってする仕事をしたい方は、向いていません。

 

その⑦:先回りして行動できる

先回りして行動できるWebライターは、クライアントから重宝されます。

先回りとは、相手に言われなくても、相手が求めていることを予測して行動することです

例えば

  • 読者が潜在的に求めている情報を書く
  • 指示にはないけど、記事の装飾をしておく
  • 言われる前に請求書を提出する

などですね。

 

以上のように他者の視点に立って、行動できるWebライターは必ず活躍できます。

 

その⑧:営業が嫌いではない

Webライターで稼ぐ上で、営業活動は欠かせません。そのため、営業が嫌いでない方も、Webライターに向いているでしょう。

 

Webライターは稼ぐためには、自分のスキルやできることをアピールして、クライアントから報酬を上げてもらう必要があります。

 

そのような行動を、抵抗なくできるかが、稼ぐための鍵となります。

 

その⑨:地道に努力ができる

Webライターは、地道な努力が求められます。

特にWebライターを始めたばかりのときは、スキルも実績もないため稼ぐのが難しいです。

 

たけし
僕の初月の報酬は、700円でした。

 

収入が低いときや、なかなか結果が出ないときにも、コツコツと仕事をこなしスキルアップに励めるかがポイントです。

 

Webライターの仕事自体も、とても地味なので、その「コツコツした作業をこなせるか」ということにも素質が現れます。

 

その⑩:自分で考え行動できる

最後に、自分で考え行動できる人は、Webライターに向いています。

なぜならWebライターには、常に判断・決断が求められるからです。

  • どのような文章を書いたら読者に読んでもらえるか
  • どのようなことをしたら、クライアントが満足してくれるか
  • もっと稼ぐためには、どのような行動をするべきか

など。常に正解のない問いに対して、自分なりの答えを出して進んでいく必要があります。

 

たけし
Webライターとしてどうやって収入を上げるのか。稼げるようになった後にどのような活動をするのか、など。自分で考え行動できる人が活躍しています。

 

Webライターに向いていない人の特徴

Webライターに向いていないのは、向いている人の逆のような人ですね。

特に致命的な特徴を、赤文字で表現しています。

  1. 不誠実・不真面目
  2. 文章を書くのが嫌い(苦手はOK)
  3. 自分の書きたいことを書きたい
  4. ダメ出しされるのがイヤ
  5. 好奇心がない
  6. チームで仕事するのが好き
  7. 相手が求めていることを考えるのがイヤ(苦手はOK)
  8. 営業が嫌い(苦手はOK)
  9. コツコツ努力するのはイヤ(苦手はOK)
  10. 人に正解ばかり求める

赤文字に当てはまる方は、Webライターに向いていない恐れがあります。

ちなみに、苦手なら練習すればできる可能性があるので、問題ありません。

 

参考にしてみてください。

 

Webライターの仕事内容

Webライターとは、クライアントに依頼されて、Web上の文章を書く仕事です。Web上の文章には、次のようなたくさんの種類があります。

  • Webメディア記事の執筆
  • ブログ記事
  • コラム記事
  • ニュース記事
  • インタビュー記事
  • 電子書籍
  • SNS投稿
  • メルマガ作成
  • ランディングページ
  • 広告の文章
  • 商品の説明文

Webライターの仕事内容は大まかに、次のようになります。

  • クライアントとのコミュニケーション
  • 執筆マニュアルを熟読する
  • 読者の読みたい内容を考える
  • 記事の内容を決めるためにリサーチする(検索や書籍をみる)
  • 記事構成やタイトル、キャッチコピーを決める
  • マニュアルにしたがって記事を執筆する
  • 読み直して、推敲・誤字脱字チェック・文章の装飾などをする
  • 修正があれば、対応する
  • 仕事を探したり、クライアントに単価交渉したりする
  • ライティングの勉強や練習をする

 

より詳細な、Webライターの仕事内容については、下記の記事で深掘り解説しているので、参考になれば幸いです。

 

>>Webライターの仕事内容と流れを10ステップで解説!年収やスキル・ツールなども紹介!

Webライターの仕事内容と流れを10ステップで解説!年収やスキル・ツールなども紹介!

続きを見る

 

Webライターに必要な5つのスキル

Webライターに必ず求められるスキルは、次の5つになります。

  1. 基礎的な文章力
  2. SEOライティング
  3. WordPressの知識
  4. 提案文(応募メール)を書く力
  5. 胆力(たんりょく)

 

上記に加えて、もっと稼いでいくためには「営業力」や「リサーチ力(情報収集能力)」も、実践で身につけていく必要がありますね。

 

さらに詳しいWebライターのスキルについては、下記の記事で深掘り解説していますので、参考になれば幸いです。

>>Webライターで稼ぐために必要なスキル5選【学習方法3つも解説】

Webライターで稼ぐために必要なスキル5選【学習方法3つも解説】

続きを見る

 

まずはやってみよう!Webライターの始め方【簡単4ステップ】

 

Webライターは、ノーリスクですぐ挑戦できます。なぜなら、数冊の本を読むだけで始められ、特にお金もかからないからです。

特別な資格も必要ありません。

 

具体的なWebライターの始め方は、次の5ステップだけです。

  1. ブログを開設する(無料ブログでOK)
  2. ライティングの本を読む(2冊だけ)
  3. ブログを書いてみる(好きなことを3〜5記事くらい)
  4. クラウドソーシングに登録する(もちろん無料です)
  5. 案件に応募して仕事をしてみる(もう仕事ができる)

上記のステップで、簡単に仕事にチャレンジできます。

Web制作やWebデザイナーのように、仕事をする前に何ヶ月もお金を払って勉強する必要はありません。

 

Webライターは手軽に始められるので、向いているかどうかで悩む前に、実際に仕事をするのが早いですよ

ぜひ、挑戦してみてください!

 

より詳細にわかりやすくWebライターの始め方をまとめている下記の記事に従えば、人によっては2週間〜1ヶ月くらいですぐにWebライターデビューできますよ。

>>完全未経験からのWebライターの始め方【簡単5ステップです】

完全未経験からのWebライターの始め方【簡単5ステップです】

続きを見る

 

Webライターの向き不向きを確かめるチェックリスト

最後に、Webライターに向いている人の特徴を、チェックリストとしてまとめました。

【Webライターへの適正チェックリスト】

□誠実・真面目
□文章を書くのが嫌いではない
□自己表現をしなくても大丈夫
□ダメ出しされても素直になれる
□好奇心が強め
□1人作業が嫌いではない
□先回りして行動できる
□営業が嫌いではない
□地道な活動ができる
□自分で考えて行動できる

3つ以上、チェックがつけばかなりWebライターに向いています。

副業やフリーランスとしてWebライターをするときの、1つの参考にしてみてください。

 

まとめ:Webライターに挑戦するのがはやい!

本記事で、あなた自身のWebライターへの向き不向きが、ある程度つかめたはずです。

しかし、それはあくまでも「傾向」であって、本当に向いているかどうかはわかりません

 

そのため、Webライターの仕事を実際にやってみるのでオススメです。

幸い、Webライターは少しの基礎学習だけで始められるので、ぜひ気軽に挑戦してみてください。

実際の経験が、何よりも参考になりますよ。イヤなら、すぐやめてOKです。

 

ちなみに「Webライターは本当に稼げるの?」と疑問に感じている方がいれば、僕の未経験から月収80万円までの取り組みをまとめた「未経験Webライターが月収80万円を達成する方法【したことまとめ】」が参考になると思うので、あわせてご覧ください。

保護中: 未経験Webライターが月収80万円を達成する方法【したことまとめ】

続きを見る

 

あわせて読みたい

Webライターの仕事内容と流れを10ステップで解説!年収やスキル・ツールなども紹介!

続きを見る

Webライターで稼ぐために必要なスキル5選【学習方法3つも解説】

続きを見る

保護中: 未経験Webライターが月収80万円を達成する方法【したことまとめ】

続きを見る

-Webライター

© 2022 TAKESHI BLOG Powered by AFFINGER5